「男性不妊」タグの記事一覧

男性に気を付けてほしいこと

    

今の時代不妊は女性だけの問題ではありません。

妊娠出来ないのは女性が原因だと思ったら大間違いです。

男性不妊が非常に増えています。

もう現段階で男性不妊の人、更にまだ結婚をしていなかったり、結婚をしていても自分が不妊かどうかもわかっていない人全ての人に気を付けてほしいことがあります。

それは、携帯電話が普及して、特に男性はズボンのポケットに携帯電話を入れている人が多いと思います。

両サイドにあるポケットのどちらかに入れると、位置的に大事な所の近くに携帯電話があることになると思います。

これって良くないことなんですよね。

胸ポケットも心臓などに影響して良くないと言われますが、ズボンのポケットは男性不妊になりやすいと言われています。

胸ポケットではなくても、ズボンでも、とにかく携帯電話は電磁波を発しているので、毎日体に身に着けているのは良くないことです。

携帯電話の電磁波などの影響で、男性不妊とわかっている人は増々精子の状態が悪くなり、男性不妊ではない人でもそれを続けることで今後男性不妊になる可能性があります。

同じく電磁波と言うことで、ノートパソコンなどについても言えます。

普通は机やテーブルの上でする物ですが、ついつい場所がなかったり外出先で膝の上でパソコンをする人もいると思います。

それも男性不妊の原因の一つだと言われています。

実際はどうなのかと言うことは実験をしたことがないのでわかりませんが、良くないと言われることは控えた方が良いと思います。

特に精液検査をして精液所見が良くなかった場合は、更に悪化させないためにも気を付けるべきだと思います。

ウチの夫は男性不妊なので、勿論こういうことは早い段階でやめさせています。

これ以上酷くなってしまったら増々妊娠することが厳しくなってしまいますから。

自分たちでその後取り組んだこと~根菜類を積極的に食べる~

    

3回の人工授精が失敗に終わり、その後は治療をせず自然に任せることに夫婦で話し合って決めました。

正直、男性不妊である夫、それに黄体機能不全や残りの卵子数の問題を持った私、お互いに問題のある夫婦が治療なしに自然に任せて自然妊娠なんて難しいと思います。

でも、治療をして問題がなくても授かることは出来ませんでした。

人工授精は3回までに妊娠に至らなければ回数を重ねてもどんどん妊娠率が低下すると聞きます。

年齢の問題もあります。

35歳以降になると治療をしていたとしても増々妊娠しにくくなります。

過度の治療の繰り返しは卵巣の機能の低下や卵子の質が悪くなったりするとも言われています。

過度の治療をもっとしていたら、それでも妊娠することが出来なかったら、かなり卵巣の機能低下や卵子の質が悪くなっている可能性も考えられます。

これ以上卵巣や卵子の状態が悪くなったら、自然妊娠も更に厳しくなります。

自然に任せるなら、人工授精は3回でやめて良かったのかもしれません。

自然に任せることにしても、何もしないのではいくら子作りを頑張ってもおそらく妊娠はしないでしょう、それぞれに問題がある夫婦なので。

だから、自然に任せるとしても何かをしないとダメだと思いました。

そこで、取り入れたのが、食事で根菜類を積極的に食べることでした。

人参、ごぼう、れんこん、大根…他にもありますが、野菜の中でも特に根菜類が体にも良いし、精子に問題がある人にも良いと言うことを知り、これは一石二鳥と言うことで根菜類を食事で多く取り入れることにしました。

基本的に夫は野菜が好きだし、私も結婚してからはバランス良く野菜を食べるようになったので、これは簡単に始められる方法でした。

それに、ごぼうやれんこんは美味しいですからね。

色々な料理で根菜類を積極に取り入れることがまずは基本かなと思い、食事に多く取り入れるようになりました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

黄体機能不全が治療により改善

    

医師は、排卵誘発剤を用いて生理中から働きかけることで、排卵後の状態が変わると言っていました。

だから、2回目の人工授精では、生理中の数日間排卵誘発剤のクロミフェンを服用しました。

排卵後の血液検査の結果、問題だった2種類のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)どちらの数値も正常値になりました。

それによって着床障害もなくなりました。

本当に医師の言った通りになりました。

生理時から排卵誘発剤を用いることで排卵後の状態が変わる、まさにその通りになりました。

さすがは専門医です。

黄体機能不全は深刻な問題だと思っていたけど、生理時にクロミフェンと言う薬を飲むだけで低かった2種類のホルモンの数値が上がるなんて、こんなに簡単に改善されるなんて思っていなかったから驚いたし嬉しかったです。

男性不妊に関してはこれと言った治療法がないのに、女性の方は色々と治療法があるんですね。

今までの経験で言うと高プロラクチン血症もそうだし、今回の黄体機能不全もそうです。

高プロラクチン血症だと排卵していないから妊娠することは出来ない。

そして、いくら排卵していても黄体機能不全だと着床しないから、自然妊娠も無理だしステップアップしても無理なんですよね。

そのどちらも妊娠するからには改善されなければならなりません。

それが女性だと薬で改善出来てしまうから、こういう問題が次から次へと出て来ても安心ですよね。

女性のように、男性にも精子の数を増やすとか、質の良い精子を作る働きをするような薬や治療法があっても良いと思うんですけどね。

不妊症は女性だけが原因ではありません。

男性不妊も非常に増えて来ています。

こういう世の中だから、女性と共に男性の方も治療で改善出来たらいいなと思います。

とにかく、医師の言った通り薬を飲んだら1回で黄体機能不全が改善されました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

状態の悪い精子でも、培養士さんが良い物を選んで濃縮してくれる

    

精子の数が少ない、状態が良くないなどの男性不妊が近年増えてきています。

でも、精子がゼロではない限り諦めないで下さい。

ウチの夫の経験ですが、ウチの夫は3回精液検査をしてどの結果も悪い結果でした。

精子は通常より少なく、奇形率が高く運動率は低いと言うとにかく悪いとしか言いようのない状態でした。

ですが、受診する病院にもよると思いますが、培養士さんによってある程度精子を調整してもらえる場合があります。

私たち夫婦が転院して受診するようになった不妊専門のクリニックでは、優秀な培養士さんが数名いらっしゃいました。

精液検査の結果も検査を担当した培養士さんから直接説明があり、質問などをすると詳しく説明してくれます。

精子の数が少なかったり状態が悪い場合は基本的にタイミング法ではなく、人工授精や体外受精、更にはもっとステップアップした治療になると思います。

人工授精では、採精した精子をそのまま人の手によって女性側へ注入しただけでは普段からの性交となんらかわりがありません。

そこで培養士さんが、採精した精子をより妊娠しやすく良い精子を選んで濃縮してくれるんです。

本来何も手を加えていない精子が30%だったとしたら、80%や90%近くまで精子を良い状態にしてくれるんです。

人工授精の際にそういうふうな措置が取られます。

更にステップアップしたら治療法も変わってくると思いますが、培養士さんが良い精子を選んで受精させると言う所では同じだと思います。

ステップアップした治療で、わずかな精子だったとしても、状態の悪い精子だったとしても、全く妊娠が望めないわけではないので悲観的にならないで下さい。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








精子を増やすために行ったこと~ボクサーパンツをやめる~

    

20代30代の若い男性は、通気性の良いトランクスではなく、下着もオシャレな物を身に着けたいとボクサーパンツを履いている人が結構多いんじゃないかと思います。

ウチの夫もそうです。

色々なブランドやメーカーのオシャレなボクサーパンツを何枚も持っていて、毎日オシャレを楽しみつつ履いていました。

ボクサーパンツはオシャレですが、男性不妊の原因になることもあるようです。

男性のボクサーパンツは、締め付けも問題ですが、通気性の問題もあります。

トランクスのように薄く綿素材ではないため、大事な部分に熱がこもってしまいます。

精巣の温度が高くなってしまうことは良くないと言われています。

精巣が高温になってしまうと、精子を弱らせてしまったり場合によってはダメになってしまうんだそうです。

夫の持っているボクサーパンツは素材など様々ですが、やはりどれを見てもトランクスのように薄く通気性の良い物ではありません。

見るからにこれは熱がこもりそうだなと言う物が多かったりします。

精子の数が少なく状態も良くないので、妊娠して無事出産するまでの我慢と言うことで、早速トランクスを数枚購入しトランクスを履いてもらっています。

オシャレでも締め付けの問題など色々と体に良くない物ってあるんですよね。

男性不妊の方は精巣が高温にならないよう下着も見直した方が良いと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

精子を増やすために行ったこと~ニンニクを食べる~

    

精子を増やすためだったり、運動率を上げたり奇形率を下げたりするのに効果があると言われる食べ物って、結構色々あるんですよね。

まず最初に食材で取り入れたのがネバネバ食材でしたが、その他にも同時に取り入れた食材があります。

それはニンニクです。

DCIM0302

おかか梅味とか味噌味とかスーパーの漬物コーナーなどで販売されています。

ニンニクを使った料理も作りますが、風味付けがメインになってしまいます。

ニンニク単体を食べることってなかなか難しいです。

写真のような物があるととても便利です。

これを毎日1~2粒夫は習慣のようにつまんで食べてくれるようになりました。

ニンニクって買うと高いし、中国産が多いので、自分で栽培したりもしました。

それを収穫してニンニク醤油やニンニク味噌を作って保存し、肉料理や炒め物などあらゆる料理にも積極的に使っています。

写真のような簡単につまめるニンニクも自分で栽培したニンニクで作りましたが、これはなかなか思うような物が出来ず時間もかかるので、やはり買うのが手っ取り早いと思います。

ニンニクはネバネバ系の食材とは違って疲労回復効果があります。

疲労回復は勿論、更にパワーのある食材だと思うので、ウチの夫は毎日疲れた疲れたと口癖のように言っているので、夫には必要な食材だと思いました。

ニンニクもネバネバ食材もどちらも栄養価は非常に高いので、それだけでも積極的に摂りたい食材です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








男性不妊に良いことを試す~漢方薬(人参養栄湯エキス細粒と八味丸)を飲む~

    

精液検査の結果が悪かったわけですが、女性の不妊症に関しては色々治療法はありますが、男性不妊にはこれと言った治療法はありません。

漢方薬を用いると言う方法はありますが、泌尿器科や婦人科や不妊専門のクリニックで男性不妊だからと言ってそれに対しての治療は特にしないようです。

婦人科で医師に聞いた時、漢方薬で治療は出来ないかと聞いたら、その医師は漢方薬を飲むことはお勧めしないと言いました。

漢方薬は、場合によっては悪くなってしまうことがあるからなんだそうです。

でも、私は漢方薬を夫に飲ませようと考えました。

医師に場合によっては悪くなると言われても、良くなる可能性だってあります。

最初から悪くなると決めつけていたら何も出来ません。

漢方薬で悪くなるなんて、私は自分も漢方薬にはかなりお世話になっているからそうは思えなかったんです。

婦人科の医師の言うことは無視して夫に漢方薬を飲んでもらうことにしました。

私が持病で月に一度漢方薬を処方してもらっているクリニックの医師に、夫に男性不妊改善のための漢方薬を処方してもらいました。

夫が処方された漢方薬は、人参養栄湯エキス細粒と八味丸です。

処方されて早速毎日夫は飲み始めました。

漢方薬を飲むことで3ヶ月後の再検査がどうなるのかはわかりません。

でも、これと言った男性不妊の改善法がないのなら、何か出来ることを探してするしかないと思い、婦人科の医師の言うことを無視して漢方薬を試すことにしました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








サブコンテンツ

このページの先頭へ