「排卵誘発剤」タグの記事一覧

何故ステップアップしないのか、しなかったのか

    

昨日書いた通り、抗ミュラー管ホルモンの検査で残りの卵子数が少ないと言う深刻な問題が発覚しました。

本来なら、残りの卵子数が少ないならすぐにでもステップアップするべきですよね。

のんびりと過ごしている場合ではないことは十分にわかってはいるけど、ステップアップと言ってもそう簡単に出来るものではないんですよね。

怖いと言うのがまず1つの理由、そして、費用の問題もあります。

体外受精はたくさん卵を育てて採卵しなければなりません。

それが私には怖いんです。

まず、たくさん卵を育てると言うことは、人工授精3回目の時に行ったような治療をもっとすると思うんです。

排卵誘発剤や自己注射などをして、たくさん卵を育てる、それによって卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりかねません。

人工授精3回目の時は軽度で済んだけど、体外受精となればきっともっともっと卵を採れるようたくさん育てると思うので軽度どころか重度になってしまうかもしれません。

そんな状態で無理やり採卵し、受精した物を移植する、これってかなり体に負担がかかることだと思うんですよね。

一番の恐怖は採卵です。

採卵は病院によって様々ですが、全身麻酔で行う場合と局所麻酔で行う場合と無麻酔で行う場合があるようです。

これは受診している病院の方針なので、全身麻酔が良いとか無麻酔でとかそういうことは選べません。

全身麻酔だと寝ている間に終わると聞きますが、卵が多い場合は麻酔が途中で切れてしまう場合もあるようです。

局所麻酔は麻酔と言えども全身麻酔ではないので、採卵時の痛みがあるようです。

無麻酔は私の周りではあまり聞いたことがないですが、痛くないと言う情報があります。

ですが、いずれにしても医師の技術の問題です。

痛くないと言われている方法でも人それぞれで痛い場合もあるかもしれません。

また、これも人それぞれですが、採卵後麻酔が切れた後に数日間痛みが続くことがあるようです。

私が受診しているクリニックは、局所麻酔で採卵すると言う話を以前看護師さんからチラッと聞いたことがあります。

全身麻酔だったらまだ耐えられるかなと思いますが、局所麻酔は痛いと言う情報が多いのでやはり怖いです。

こういう痛みの問題と、費用の問題でステップアップ出来ないんです。

初めてのことでどんなことをされるかわからない恐怖があるので、なかなか決心がつきません。

費用も、人工授精で25000円だったのに対し、体外受精は20万円くらいの費用が必要になります。

いくら後から申請して市から補助が出るとしても、全額ではないので、やはり負担は大きくなってしまいます。

そういうことから、ステップアップをためらっています。

赤ちゃんはすごく欲しいですが、簡単に決められることではないと思います。

そして、夫が仕事が忙しくなり思うように受診出来なくなったこと、今までの治療での副作用で辛そうにしている私の姿を見ていて、私が辛そうだからこれ以上辛い思いををさせたくないと夫が言ったから、深刻な問題があるけどステップアップはしませんでした。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








黄体機能不全が治療により改善

    

医師は、排卵誘発剤を用いて生理中から働きかけることで、排卵後の状態が変わると言っていました。

だから、2回目の人工授精では、生理中の数日間排卵誘発剤のクロミフェンを服用しました。

排卵後の血液検査の結果、問題だった2種類のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)どちらの数値も正常値になりました。

それによって着床障害もなくなりました。

本当に医師の言った通りになりました。

生理時から排卵誘発剤を用いることで排卵後の状態が変わる、まさにその通りになりました。

さすがは専門医です。

黄体機能不全は深刻な問題だと思っていたけど、生理時にクロミフェンと言う薬を飲むだけで低かった2種類のホルモンの数値が上がるなんて、こんなに簡単に改善されるなんて思っていなかったから驚いたし嬉しかったです。

男性不妊に関してはこれと言った治療法がないのに、女性の方は色々と治療法があるんですね。

今までの経験で言うと高プロラクチン血症もそうだし、今回の黄体機能不全もそうです。

高プロラクチン血症だと排卵していないから妊娠することは出来ない。

そして、いくら排卵していても黄体機能不全だと着床しないから、自然妊娠も無理だしステップアップしても無理なんですよね。

そのどちらも妊娠するからには改善されなければならなりません。

それが女性だと薬で改善出来てしまうから、こういう問題が次から次へと出て来ても安心ですよね。

女性のように、男性にも精子の数を増やすとか、質の良い精子を作る働きをするような薬や治療法があっても良いと思うんですけどね。

不妊症は女性だけが原因ではありません。

男性不妊も非常に増えて来ています。

こういう世の中だから、女性と共に男性の方も治療で改善出来たらいいなと思います。

とにかく、医師の言った通り薬を飲んだら1回で黄体機能不全が改善されました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ