高プロラクチン血症の原因

医師から血液検査の結果、プロラクチン値が非常に高く排卵していないと言われました。

その時は、プロラクチンってなんだ?と思いました。

私の受診していた総合病院の医師は物静かな人で細かく説明してくれないんです。

何が悪いとか、何が原因とか、そもそもプロラクチンが何かも説明はありません。

プロラクチン値が高くて排卵していないと言われ、次回また生理時に検査をしましょうってそれだけ言われて帰宅しました。

自分でプロラクチンについて帰宅後調べました。

高プロラクチン血症の原因はいくつかあることがわかりました。

脳下垂体にある腫瘍が原因の物、薬が原因の物、原因不明の物、流産や中絶後などがあるようです。

私に当てはまるとしたら、流産や中絶後以外の3つです。

でも、私はここでこの3つの中でもどれが原因なのかわかったような気がしたんです。

私は何年も前から通院して薬を飲んでいます。

もしかしたら私が飲んでいた薬がプロラクチン値を上げてしまうような薬だったのかもしれません。

以前一番長く飲んでいた薬が、乳汁分泌や生理が止まるなどと言った副作用があると聞いたような気がします。

その薬を飲んでいる以上妊娠はしないとも聞いたことがあるような気がします。

私は生理が止まったりするようなことはなかったんですが、生理が止まらなくてもこうやって数値で現れる可能性もあるかもしれませんね。

でも、この検査を受けた時はその薬ではない他の薬を飲んでいました。

同じような作用のある薬に変わっただけなので、薬自体は変わっても結果として薬が原因だった可能性が非常に高くなりました。

これは断薬や減薬してみればわかることです。

それで数値が下がらないようなら他の2つが原因でしょう。

私は調べてすぐに自分は飲んでいる薬に原因があると思いました。




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ