車内の暑さ対策

連日猛暑続きでちょっと娘とお散歩へと思っても室内から出ることが出来ないほど暑いです。

だからと言って、エアコンのきいた家にこもってばかりはいられません。

予防接種や先日の4ヶ月健診や、自分の病院のために夫の実家へ娘を預けたり、何かしら外出しなければなりません。

それに、なるべく外に出るようにしないと、娘も母である私も周りの娘と同級生の子たちがどれくらい成長しているか見たり情報交換したりすることが出来ません。

でも、この時季の車内はものすごい暑さなんですよね。

我が家は車庫などない青空駐車で、尚且つ黒い車なので暑さが半端ないです。

娘を車に乗せる時は15分くらい前からエンジンをかけ、乗る頃にはエアコンがきくようにしていますが、15分前だろうが20分前だろうが早くにエンジンをかけてもエンジンをかけた時と車内は全く変わらず蒸し風呂状態です。

そして、チャイルドシートも熱くなっているので娘はいつもチャイルドシートで汗びっしょりになっています。

そこでチャイルドシート用に保冷シートを購入しました。

DCIM0803

保冷も出来て冬には保温も出来ると言うシートです。

チャイルドシート以外にベビーカーにも装着可能です。

これを早速チャイルドシートに装着し娘を乗せています。

チャイルドシートから娘を降ろした時の背中が汗でびしょびしょなのはなくなりました。

もっと早くに購入するべきでしたが、全くこういう物を装着すると言うことが頭にありませんでした。

ただ、こうも毎日高温が続くと、やっぱり車自体がなかなかエアコンがきかないので娘は辛そうです。

もう少し娘が快適に車内で過ごせるよう対策を考えなくては。

でも、このシートがあるのとないのでは全然違います。

買って良かったです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ