私の妊娠を一番喜んでくれた人

私の妊娠は、夫婦それぞれに問題があり、不妊治療をしても上手くいかず自然では難しい状況での突然の妊娠でした。

妊娠が発覚して、夫は勿論、義母や実家の母は喜んでくれました。

喜ぶと言うより、驚いていたと言った方が正しいと思います。

まだ安定期に入らないといつ何があるかわからないから大喜び出来ないのはわかりますが、でも、想像していたより喜んでいる感じには見えないんですよね。

実家の母にはつわりで実家へ報告に行けず電話での報告になったので、どの程度喜んでくれているか電話ではわかりづらかったけど、義母よりは喜んでくれたように感じました。

そんな時、すごく喜んでくれた人が一人いました。

身内ではありません。

持病でずっと通院している漢方薬を処方してくれている個人クリニックの院長(医師)だったんです。

産婦人科で妊娠が確定した日の午後に、服用している漢方薬について服用しても良いのか聞くためにこのクリニックを受診しました。

そして、妊娠したことを伝えると、院長は、私の両手を取っておめでとうとすごく喜んでくれました。

この院長は、50代くらいの男性です。

不妊で悩んでいる時、不妊に効果のある漢方薬を夫婦で処方してもらったり、その後も不妊治療をしているなど話をしていたので、私がなかなか妊娠せず悩んでいることをこの院長はよく知っていました。

だから、色々悩んでいたことを知らない義母や実家の母以上に喜んでくれました。

本来なら、私たちが不妊で子供を授かることが難しいと知っている義母が、待望の初孫だからもっと喜んでくれると思ったんですが、もう孫が4人いる実家の母より喜んでくれなかったので哀しかったです。

もっとお腹の赤ちゃんが成長してくれば喜びも増すのかな?

昨日も個人クリニックを受診して話をしていたけど、本当良かった良かったと院長は言ってくれました。

こうやってすごく喜んでくれる人がいることをすごく幸せに思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ