欲しい気持ちを他に向ける

妊娠発覚より前から書こうと思っていたことがあります。

それは、赤ちゃんが欲しい欲しいと強く思うとなかなか出来ないということです。

私の友人や知人の経験談ですが、欲しい欲しいと思っていたらなかなか出来ず、諦めた頃や、何か他のことを考えている時に妊娠した人が数人います。

ある友人は、結婚した当初からすごく赤ちゃんを欲しがっていて子作りを頑張っていました。

半年くらい頑張ったけど妊娠することはなく、パートで仕事が決まり、早速仕事をすることになった頃妊娠が発覚したそうです。

知人の話ですが、諦めて家を買い、犬も飼い出し、金銭苦に陥った頃赤ちゃんが出来たそうです。

以前不妊治療をしていて原因不明だった知人も、子供は諦めて老後の旅行貯金を始めようと夫婦で言っていたら妊娠が発覚したそうです。

友人や知人の話だけではありません。

実際この私も同じような感じで妊娠しました。

たんぽぽ茶やルイボスティーやkodakaraサプリを飲んだからと言うのもあると思いますが、実は、2ヶ月くらい前から秋の旅行を楽しみにしていたんです。

一昨年から秋に夫婦で旅行に行くようになったんですが、今年は1泊増やして3泊くらいで旅行へ行こうと、それはもう楽しみにしていて、早々と宿泊先を調べたり行く所を決めたりしていたんです。

しかも、私一人でいつもパソコンに向かって調べては楽しみにしていました。

その矢先の妊娠発覚でした。

妊娠したら、楽しみな旅行はおそらく行けなくなる。

もしくは、医師の許可が出れば近場なら行けるかもしれない。

でも、当初の目的地へは行けない可能性が高くなります。

正直旅行の件はショックです。

でも、そういう時だからこそ妊娠したのかもしれません。

いつもと違って欲しい欲しいと考えていなかった、それが良かったのではないかと思います。

特に不妊治療をされている方はすごく欲しいのはわかりますが、欲しい欲しいとばかり考えているとなかなか出来なかったりするものです。

よく、諦めた頃に出来た、他の楽しみをみつけた頃に出来たと言う話を聞きます。

少し楽しみをみつけたり、他に集中出来ることを考えると良いかもしれません。

勿論、私のように、普段から妊娠しやすいようたんぽぽ茶などを飲むことは必要かもしれません。

私たち夫婦のような不妊症の場合は特に。

気持ちの部分を少し変えて見てはどうでしょうか?

私はその部分も変えたことで妊娠に至ったんだと思っています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ