娘のおへその様子

今日は臍ヘルニアの2回目の受診日でした。

前回から4日程度しか経っていませんが、綿を詰めて貼ったテープに水がしみこんだり剥げたりすることなく前回処置された状態のままで受診することが出来ました。

赤ちゃんの皮膚は弱いと言うのに、前回お腹に貼った大きなテープを思いっきりバリッと剥ぎ取る医師。

もう少し優しくやってほしいものです。

そんな強引なやり方をするから、おへそが押し込んである部分のギリギリの所の皮膚がテープと一緒に剥がれて赤くなり痛々しい姿に。

でも、医師は自分がテープを剥いだせいで皮膚が剥けたと思っていないんですよね。

私は医師のせいだと思っていたけど、それを医師には言わず、赤くなっていると伝えて一応処置をしてもらいました。

DCIM0635

我が子のおへその処置後の状態です。

綿の部分が全部おへそで出っ張っていたんです。

それを綿で押さえて引っ込める処置がされています。

右上の部分が若干オレンジ色のようになっているけど、ここが上で書いた皮膚が剥けた部分です。

医師に言ったら、貼っておくと傷が治ると言うテープを小さく切って貼ってから綿を詰めてテープを貼ってくれました。

初めて受診してから数日しか経ってないけど、前回のテープや綿を取ってみると少しだけしぼんでいました。

でも、まだまだ。

次は2週間後の受診です。

数日でも結構しぼんでいたから、2週間後は通常のおへそくらいにしぼんでいるといいなぁ。

見た目云々は出べそがしぼんでから。

とにかくこの綿を詰め込む方法の効果に期待したいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ