妊娠は家族(夫)の協力が必要

妊娠すると様々な体の変化が起こります。

初期であればつわりや酷い睡魔やだるさに襲われることが多いと思います。

つわりがない人もいるけど、大半はつわりに悩まされ辛い思いをされる方がほとんどだと思います。

つわりの症状は様々ですが、吐き気や胃のムカムカや嘔吐がほとんどで、この症状が何週間も続きます。

酷い人は出産までつわりがあると言います。

こうなると家のことが何も出来ません。

私は今のところ嘔吐はありませんが、常に胃のムカムカで気持ち悪い状態が続いています。

そこへ酷い睡魔やだるさも加わって、家事が思うように出来ません。

一番は料理。

キッチンに立つと、生ごみが目に入ったり臭ったりするとそれだけでキッチンに立つのが嫌になります。

今まで通り夕食の準備なんて出来ません。

料理以外に掃除や洗濯などありますが、料理が一番大変です。

つわりは病気ではありません。

だから家のことはきちんとしなければと思うけど、出来ないものは出来ないんです。

こういう時、家族(特に夫)の協力や手助けが必要になってきます。

ウチは夫婦二人暮らしなので夫が夕食の準備をしてくれます。

完全に全部用意してくれる時もあれば、私が手伝えそうなら少し手伝うと言う感じで、今は食事の準備は私を夫が手伝うのではなく、夫を私が手伝う感じになっています。

幸いウチの夫は料理は出来る方なのでかなり助かっています。

こうやって、料理でも洗濯でも普段全部自分一人でしていることでも、つわりで辛い時は無理にしなくてもいいんです。

自分だけの赤ちゃんではないですからね。

産後のことも踏まえて夫婦や家族で助け合うことは大事です。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ