出べそで医大受診

先日地元の小児科で紹介状を書いてもらい予約もしてもらったので、昨日医大を受診しました。

ただ単に出べそなのではなく、大きく膨れ上がって出る出べそは臍ヘルニアなんだそうです。

出べその中身は腸で、腸が出ている状態なんです。

医大の医師もまず最初にものさしで測っていました。

直径3cm。

医師が言うには、直径が大きいと言うよりも高さがありすぎる(つまり臍が出すぎている)と、そちらの方が問題のようです。

医師に言われてジュボボボボーッと強引に出べそを押し込んでみたら、指の先に小さな穴があるのがわかりました。

その穴がヘルニアみたいです。

本来ならその穴が閉じていないといけないのに、ウチの子は穴が開いていてそこから腸が飛び出している状態なんだとか。

腸が飛び出している限り穴は塞がらないので、強引に出べそを押し込んでそこへ綿を詰めて大きなテープを貼りつけそれでしばらく様子見と言うことでした。

穴から多少腸が飛び出ていても、押し込んだ状態を保つことで穴が塞がる可能性があるようです。

ただ、ウチの子はとにかく大きくなりすぎていて、出べその中心が臍の部分だけどその周りはお腹の皮膚が伸びている状態で、出べそが治ったとしてもお腹の伸びた皮膚が綺麗に治らない可能性があるそうです。

今は強引に出べそを押し込んで様子見ですが、それでも上手くいかないようなら手術になるようです。

どんな手術かわからないけど、生後2ヵ月間もない我が子にメスは入れたくないです。

なんとか綿とテープで押し込んで固定する方法を続けて治ってくれるといいなぁ。

もっと早くに受診していれば…。

数日後また受診です。

待ち時間の長い大きな病院への不慣れな母子での外出も辛いです。

でも、そうは言っていられないので通院頑張ります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ