予定帝王切開での出産〜その1〜

出産がどんな感じだったか書きとめておこうと思います。

予定帝王切開の前日の午後に入院しました。

入院した日は退院までの説明を受けたり、手術を担当する医師のエコーを受けたり、麻酔科医やオペ室のナースが来て話をしたり、とにかくバタバタと忙しくすぐに夜になりました。

当初の予定では午後の予定でしたが、入院して説明を受けていると手術は午前と言われビックリ!

でも、夜0時以降絶食、朝6時以降絶飲食だったから、早い時間になって良かったと思います。

翌朝早くに助産師が部屋に来て浣腸をし、排便後シャワーを浴びて手術着に着替えて点滴開始。

それからベッドに寝た状態で内診室へ移動し尿の管を入れられました。

管を入れられるとそのままオペ室へ連れて行かれました。

帝王切開も恐怖だけど、尿の管を入れられるのも恐怖でした。

思っていた通りすごく痛くて、管を入れた後も痛みや不快感があり苦痛で、夫に行ってくるねなんて言う余裕がなく、すごく不機嫌な顔をしていたのを今でもしっかりと覚えています。

管を入れられてから、帝王切開の恐怖どころか、早く尿の管の不快感をなんとかして!とそればかり思っていました。

これから我が子と対面するのに、それどころじゃない自分が情けなかったです。

つづく…

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ